since 2005/6/16  
 
   TOP > Presentation Techniques
    まずは、JWWから図面取り込みのテクニックです。 通常はある程度までShade等の3DCGソフトで作って、 そこから仕上げる方法が多いわけですが、今回は立面図をJW-CADで図面を書いているものを、 Photoshop Elementsに渡して、プレゼン用の図面を作成してみようというわけです。
画像処理の過程を一つずつキャプチャしてみようという無謀な試みです(笑)
 
spacer
   JWWの図面をキャプチャして、PhotoShop Elementsに読込む編
   JWCADで書いた図面を開き必要な部分のみ拡大します。
 キーボードの[PrtSrc]などのプリントスクリーンボタンを押して、 画像としてクリップボードに取り込みます。
 
spacer
    Photoshop Elementsを開き、ファイルメニューから、 「クリップボードから新規作成」を選びます。  
spacer
   図のような、先ほど書いていたJWCADの操作画面ごと、 Photoshop Elementsに読込まれました。
 このままでは、使えないので、少し直していきます。 (ただし、ここからの作業についてはJWCAD側で、色の設定を行い、 一部の作業を軽減させる方法もありますよ。)
 
spacer
   ツールボックスから、自動選択ボタンを選びます。  
   オプション設定は図のようにします。  
spacer
   先ほどの画面上の黒い部分のどこかでクリックします。
 すると、図のように同じ黒い部分が全て点滅する点線で囲まれます。
 
spacer
   ツールボックスから、塗りつぶしボタンを選びます。  
spacer
   色は描画色の部分を白にします。  
spacer
   先ほどの黒い部分でクリックすると白く塗りつぶされます。  
spacer
   選択範囲メニューから「選択範囲の反転」を選びます。  
spacer
   描画色を適当なグレーにします。
(図のように矢印のボタンを押すと描画色と背景色が切り替わりますよ!)
 
spacer
   図のようになります。  
spacer
   選択範囲の中でクリックします!!
(ツールボックスのボタンは塗りつぶしが選択されているはずですよね。)
 
spacer
   ツールボックスから、矩形選択ボタンを選びます。  
spacer
   必要な部分を適当に選びます。
(この手順で行うときは、この段階でJWCADの操作画面は選択から外してしまいましょう。)
 
spacer
   イメージメニューから「切り抜き」を選びます。  
spacer
   出来上がりです!!  
spacer
  お問い合わせはこちらから!!   © 2005 Design House PANDAYA  けん3号